介護スタッフから嬉しい依頼が!職場スタッフのストレスケアを現場にいる私が伝えて行きます

 

 

現役看護師×人材育成セラピスト

がきや あいみです

 

 

私は沖縄の介護施設で看護師として働いています。

そんな介護の現場スタッフから嬉しい依頼が!

虐待対策としてスタッフの

ストレスチェックをするので

その後の個人個人に合わせた

ストレスケア方法をサポートして欲しい!とのこと

 

 

はい、ガッテン承知の助!

がきやの得意中の得意分野です♪♪

 

 

他にも最近は、ユニットリーダーから

スタッフとの関わりをスムーズにしたいとか

 

スタッフからも

相手とどう会話を持ったらわからないとか

 

 

そんな話をされることが増えて

自分の気持ちを伝えつつ

相手に合わせた話し方・表現の仕方を

伝える機会が増えてきています♪♪

 

 

まずはやってみて。

(できなかったらサポートするから)

この言葉で動ける人もいれば

 

 

まずやってみて、

できなかったらサポートするから。

この()の一文までしっかり

伝えないと動けない人もいます。

 

 

自分がどっちの話し方をするタイプなのか?

相手がどっちの言葉で安心するタイプか?

ポイントを抑えた会話って大切なんです♪♪

 

 

 

自分の当たり前が相手にとっての当たり前ではないし

●現場歴が長いからできて当たり前とか

●年齢が上なんだから

ここまで言わなくてもわかるだろう。とか

そうゆう目線で相手とか関わってしまうと

コミュニケーショントラブルが起きます。

 

 

そうなると人は相手との距離をとります。

会話をしなくなります。

言葉が指示口調になります。

ピリピリした空気感が続いて行きます。

周りのスタッフも気を使います。

 

 

ただでさえ、業務的に感情労働が多い

医療福祉業界でスタッフ間のコニュニケーションで

イライラしたらもう、大変( ´ ▽ ` )!!!

安全な仕事はできやしない。

 

 

気づかればっかり。イライラばっかり。

丁寧なケアをする余裕はないですよ。

 

 

 

最期まで自分らしく生きる

 

 

この言葉は医療福祉業界では

特に大事にされいる様に感じます。

 

 

これね、この言葉ね

働く側も意識して大切にして欲しいなと

がきや個人的には思うんです。

 

 

命は永遠じゃないですよね。

いつどこで何があるかわからない世界だからこそ

今、自分がいる環境の中で楽しく過ごせる環境や

人との関わりを大切にして欲しいなと思います。

 

 

体調を崩してでもそこに

我慢してでもい続けろ!!!ではないですよ?

 

 

なんか苦しいな〜嫌だな〜

体がしんどいな〜という時は

自分自身と会話をしてみてください^^

 

 

何が苦しい?なにが嫌?

まずは、聞いてあげるだけでいいです♪♪

 

 

きっとね、私たち医療介護業界人は

人にエネルギーを注ぐことが多い分

自分のエネルギー不足に鈍感になって

苦しんでいる人が多いんだとおもいます。

 

 

私の経験上ですがストレスの原因って

実は環境や人だけでなくて

自分自身の物事の捉え方も影響するんですね。

 

 

 

だから、いくら環境を変えても

自分の思考の癖を知らないと

どこに行っても同じ様な事で

ストレスを感じちゃうんです。

 

 

もう、疲れる。ってまたなるの。

これの繰り返しがしんどい。。

この状態がこの先もずっと

 

 

 

Continue
つづく・・

 

 

 

え、ヤダぁ〜〜〜〜ってなりますよね(笑)

毎回、BAD ENDな人生がつづくなんてヤダw

どうせならHAPPYな毎日が続くいいですよね♪♪

 

 

自分自身のプライベートな時間も

仕事する時間も楽しい時間を過ごせる様に

人材育成セラピストという立場で

 

 

頑張らなくても人が育つ

頑張らない人材育成を今の現場で

確率して形作って行こうとおもいます♪♪

 

 

働きやすい環境は現場スタッフで創る♪

その環境を取り巻く人の関わりを大切に

穏やかコミュニケーションを使った

ストレスケアを行って行きます♪♪

スタッフの家族丸ごと幸せにしちゃう♪

 

 

毎日、1日ずつあなたにとって

最幸な日になります様に♪♪

現役看護師×人材育成セラピスト

がきや あいみ

 

 

 

 

 

関連記事

  1. どんな環境にいても自分の世界のど真ん中で生きる生き方イベント…

  2. 今の自分が未来を作るのだから大切に

  3. 人の優しさや愛情には敏感でいたいものですね

  4. 自分でも気づかなかった事。

  5. 看護師として枠にとらわれない生き方

  6. 看護師になって良かったと思えるような働き方、プライベートの創…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。