■氣質の彼と、●氣質の私のプチ喧嘩(笑)

 

疲れていた彼(緑■)さん
腰が痛くなる程限界がきていた彼。
でも、それを言わず我慢していた彼。

2人でお店に入って
私は、テンション上がって
話しをていたら

彼(緑■)
ちょっと黙っとかん?
人がゆっくりしているのに。

と、いう彼声のトーン
語尾も強く感じた私。

分かっている。が・・・
これね結構、傷つくフレーズ🙄
存在を雑に扱われた様に感じるフレーズ🙄

そう、私●からすると
なかなかのダメージの強いフレーズ。
傷ついた私は、ふてくされる。
(悪気はないと分かってるから故にモヤモヤ)

ここから、2人の
雰囲気がさいこーーに悪くなる🙌

お互いの氣持ちを
私はこう感じた。
俺はこう感じた。と、氣持ちを
吐き出して、伝えあったあと
お話time

俺、そんなに疲れている
つもりなかったけど
最近、仕事でペースも乱されているし
10割くら疲れていたんだなって分かった!

今度からは、疲れてるときとか
我慢しないで伝える様にするね

キツい言い方してごめんね。

根気強く、俺のタイミングみながら
話を聞き出してくれて
本当は、あの時嬉しかった!!

ちなみには、
(雰囲気が悪い中)
ハンバーグ食べる?って聞いた時
俺なりに結構、勇気を振り絞って
聞いんだからね!!
ってゆーてた🙄👏

緑■の特徴として・・・・

我慢がきくが故に無理しがちな、緑■
悪いと思っても、謝るタイミングが
うまく掴めない緑■さん。

彼はそんな氣質を
もっている彼( ゚Д゚)

そう考えたら
たしかに、しんどかっただろーし
彼なりに歩み寄ろうとしている
タイミング何度かあったなーと
私自身も反省した出来事でしたとさ( *´艸`)

学び大き日でした🙌

関連記事

  1. 人材育成を通してストレスケアを始めた理由は人を育てる能力が自…

  2. その出来事をどう受け止めるかは自分で選択できる

  3. 日常生活を楽しめる魔法の質問

  4. 今を楽しく過ごす事が未来を創る事になる

  5. 生徒との関わりで学んだ事

  6. プリセプターとプリセプティーをマッチングさせる簡単な方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。