■氣質の彼と、●氣質の私のプチ喧嘩(笑)

 

疲れていた彼(緑■)さん
腰が痛くなる程限界がきていた彼。
でも、それを言わず我慢していた彼。

2人でお店に入って
私は、テンション上がって
話しをていたら

彼(緑■)
ちょっと黙っとかん?
人がゆっくりしているのに。

と、いう彼声のトーン
語尾も強く感じた私。

分かっている。が・・・
これね結構、傷つくフレーズ🙄
存在を雑に扱われた様に感じるフレーズ🙄

そう、私●からすると
なかなかのダメージの強いフレーズ。
傷ついた私は、ふてくされる。
(悪気はないと分かってるから故にモヤモヤ)

ここから、2人の
雰囲気がさいこーーに悪くなる🙌

お互いの氣持ちを
私はこう感じた。
俺はこう感じた。と、氣持ちを
吐き出して、伝えあったあと
お話time

俺、そんなに疲れている
つもりなかったけど
最近、仕事でペースも乱されているし
10割くら疲れていたんだなって分かった!

今度からは、疲れてるときとか
我慢しないで伝える様にするね

キツい言い方してごめんね。

根気強く、俺のタイミングみながら
話を聞き出してくれて
本当は、あの時嬉しかった!!

ちなみには、
(雰囲気が悪い中)
ハンバーグ食べる?って聞いた時
俺なりに結構、勇気を振り絞って
聞いんだからね!!
ってゆーてた🙄👏

緑■の特徴として・・・・

我慢がきくが故に無理しがちな、緑■
悪いと思っても、謝るタイミングが
うまく掴めない緑■さん。

彼はそんな氣質を
もっている彼( ゚Д゚)

そう考えたら
たしかに、しんどかっただろーし
彼なりに歩み寄ろうとしている
タイミング何度かあったなーと
私自身も反省した出来事でしたとさ( *´艸`)

学び大き日でした🙌

関連記事

  1. 自分の特徴を知って分からないストレスを減らす方法

  2. どんな状況も自分次第で良い方向に変えられる

  3. 成長の変化が嬉しい!人と人の温かみが感じられる職場創りのお手…

  4. 沖縄の平成生まれの看護師による!氣質学を活用した介護・福祉・…

  5. コーチングとティーチングの違いを知って相手に合わせた関わり方…

  6. 高校生からできる自分の道を自分で切り開く3つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。